非通知でかかってきたいたずら電話の対処法(携帯電話編)

非通知のいたずら電話でお悩みの方も多いかと思います。

いたずら電話の場合、大方、犯人は身近な人だと言われています。

ドコモの場合は、「番号通知お願いサービス」を設定することで着信表示もしません。

電話機でその機能が無い場合は、「148」で発信、ガイダンスが流れたら「1」を押すと開始、「148」→「0」で解除されます。(もちろん無料サービスです)

ただし、「番号通知お願いサービス」は非通知のみ対応しているので、「公衆電話」「通知不可能」の場合は、機種ごとの機能で拒否をしといたほうが良いでしょう。

au・ソフトバンクの場合は、機種により違いますが、「非通知」・「公衆電話」・「通知不可能」で拒否をするしかありません。着信表示はします。

表示自体が気にならないなら機種の機能を使えば良いでしょう。

他のキャリアでは、ドコモみたいなサービスは、今のところ無いみたいです。

どうしても非通知が嫌な方は、ナンバーポータビリティ等でドコモに乗り換えるのもひとつの手です。

*但し、ナンバーポータビリティにするときには、デメリットをよく調べて乗り換えて下さい。

NTTや各キャリアは、個人的な要望で非通知でかけた側の個人情報が開示できないようです。(事件性は別)

非通知で掛ける場合は、一度各キャリアの基地局にいき、そこで非通知に変換して端末側に届きますので端末側から番号解析するのは今のところ不可能です。

最後に非通知拒否した場合、今度はメールで来る可能性があります。これにより犯人を特定するのが容易になります。

迷惑メールを送る場合は、身近な人でしたら、アドレスでばれますのでアドレスを変えてきます。でも、アドレスは変更後24時間すぎに元のアドレスにすればまた同じものを使えます。このときみんなにメールを送ってみたらどうでしょう。エラーで帰ってきた人は怪しいです。

もし、非通知拒否で迷惑メールが来ない場合は、身近な人ではありません。


TOPページへ戻る

裏技一覧へ戻る

ページの先頭に戻る